原子力発電「華龍一号」実稼働へ

 

【2020年9月7日】
中国核工業集団公司と中国広核集団有限公司の共同開発による中国独自の特許で設計開発された原子力発電施設が、燃料棒の装填へとステップを進めた。

「華龍一号」(ファーロンワン)は、第三世代機といわれる新特許をもつ中国企業が単独で開発設計した発電設備のユニット名。
「華龍一号」は、世界に輸出する原発としての世界戦略商品。

No Article rating
0 Reviews
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA