FC-31 第五世代戦闘機「鹘鹰」テスト飛行

 

中国の航空機メーカー中国瀋陽飛機工業集団が独自に開発(自己資金)したとされるステルス戦闘機。
「鹘鹰」のピンインは、gǔ/hú yīng 

2000年ごろ中国軍に制式採用を目的とした次世代戦闘機(ステルス機)のコンペがおこなわれ、結果、現用のJ-20(成都飛機工業公司)が採用され、FC-31は採用されなかった。

こちらは、中国空軍制式採用のJ20ステルス戦闘機
FC-31よりも全長で3m大きく、FC-31には無いカナード翼(副翼)がある。

ところが、瀋陽飛機工業集団は、開発を中止することなく、自己資金で実証機を飛ばすところまでこぎつけた。軍に制式採用される見込みがないのにもかかわらず、開発を続けたのは、海外への輸出の需要があるからだという。政府の許認可が当然必要なのだろうと思われるが、メーカーが自由に(勝手に、独自に)戦闘機を製造できる中国という国に驚く。

これまでに、何度か開発途上の情報が流れテスト機の写真が、いわゆるマニアが盗撮していた。
FC-31は、公式の名称ではなく開発用のコードネーム。Fはファイター(戦闘機)、Cは(China)と言われている。

これまでに2014年の航空ショーでテスト機が、披露されており、アジアや、中南米の国が購入を検討しているという。つまり、アメリカのF35のマーケットに競合機として市場参入し選択肢のひとつとなるもの。

FC-31が、米F35にそっくりと言われているのは、ハッカーが基本設計を盗んだとうわさされているが、証拠は無い。むしろ中国式のクルマのデザインもそうだが、航空ショーなどで展示されたF35の外観の写真から設計を起こしたものではないか。F35はエンジンが1機だが、FC-31は双発(エンジンが2機)となっている。

5.0/5.0 Article rating
4 Reviews
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA