中国で、最も売れた電気自動車

 
以下の表は、2020年9月に中国で売れた電気自動車のランキング。

中国では、環境政策の一環として、電気自動車には、購入補助金を受け取れる。

◆第一位は、「五菱」(ウーリン、Wuling)の「宏光MINI EV」で、2020年の7月から新規に販売された新車です。
全長2917mm×全幅1493mm、日本の軽自動車をひと回り小ぶりにしたサイズ感。
リチウムイオン電池容量によってグレードが二種類。
9.3kWh、航続距離120km、価格2万8800元(約45万円)
9.3kWh、航続距離120km、価格3万2800元(約51万円)<-オプションのエアコンを選択した場合
13.9kWh、航続距離170km、価格3万8800元(約60万円)
職場への通勤目的に購入する層が多いという。
20年前・自転車→15年前・バイク→10年前・電動バイク→5年前・ガソリン車→いま・電気自動車と市民の足が変わってきている。
最高速度は、時速約100km。

上海GM五菱汽車 ・・・広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー。ゼネラルモーターズ (GM) 、上海汽車 (SAIC) 、五菱集団(現:広西汽車集団)の3社による合弁会社として2002年11月18日に設立。

◆第二位は、「テスラモーター」の「Model 3」
価格は、日本円で、約425万円

◆第三位は、「広州汽車」の「 Aion S 」
日本電産製インバーターE-Axleを搭載し、バッテリーはCATL製58.8kWhのリチウムイオン電池が搭載されている。

実勢価格は、12.48万元~17.58万元(196万円~277万円)

 

4.9/5.0 Article rating
10 Reviews
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA