一部の中国市販ポテチに欧州の基準を上回るアクリルアミド含有量

 

深セン市消費者委員会は、中国市場に流通する15の有名なポテトチップスを選択し、品質検査の比較試験を行いました。
15のうち7品は、EUが設定した基準レベルよりも高い2A発癌性アクリルアミド含有量を有することが判明した。
輸入フライドポテトチップスの5つの輸入品は、米国、ニュージーランド、オーストラリア、ドイツ生産品。

欧州連合(EU)が設定したアクリルアミド含有量の基準値は750μg/kg。
中国には、同等の基準は無い。

No Article rating
0 Reviews
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA