大都市圏でのマンションの賃料が下落傾向に

 

この表の見方は、中国の大都市、中規模都市の2020年10月の4週間での賃料の需給を反映したもの。
1平方メートルに対して、何元の賃料単価になるかを表している。

例えば、北京では、10月の月初には、1㎡88元が、月末にかけて1㎡86元に下降している。
88人民元は、日本円で、約1375円で、仮に日本の2DKを40㎡として、5万5000円という相場であったものが、5万3700円に推移している。


首都北京よりも上海の方が賃料が高いことがわかる。
上海で、40㎡のマンションを借りるとすれば、日本円に換算して、約6万2千円というところか。

No Article rating
0 Reviews
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA