C919デモフライト

 

2020年 10月31日 中国産C919大型旅客機が2020南昌航空ショーに登場し、デモフライトを行いました。

中国は、「メイドインチャイナ2025戦略」を標榜し、航空産業を含む10分野を重点的に中国国内生産にシフトするよう発揚している。
C919のエンジンや飛行制御システム技術、部品など60%を欧米のメーカーに依存しているものを国内で生産しようと図っている。
C919の需要は世界の空運企業28社に達し、バックオーダーは1,000機を超えるとされる。
遅くとも2021年には量産体制を構築し、年間100機を目標に納入することを計画している。

中国商業飛行会社によると、C919大型旅客機は、国際民間航空規制に従って中国が独自に開発し、独立した知的財産権を持つ大型ジェット民間航空機であり、座席数は158から168席、航続距離は4,000〜5,500キロとしている。

4.5/5.0 Article rating
2 Reviews
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA