電磁カタパルトの実用化に成功

 

中国国産空母二番艦に、電磁カタパルトを導入か。

電磁カタパルトは、アメリカに次ぐ開発国となった。
従来の蒸気式カタパルトに比べると、より重量物を射出可能となり、蒸気エネルギーを満たす時間と電気エネルギーを満たす時間とを比べると3~5分の一の短縮が可能とされている。

アメリカのフォード級の空母にも電磁カタパルト技術を使用しているが、熱放散などの問題により、フォードの電磁カタパルトは故障の出現頻度平均600回といわれている。
一方、中国が独自に開発した電磁カタパルトの平均的な故障なく使用可能とされる回数は少なくとも1000回以上といわれている。

4.5/5.0 Article rating
2 Reviews
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA