第18回広州国際自動車ショー開幕

 

11月20日
第18回広州国際自動車ショーが開幕しました。

前回と比較すると、新型コロナの影響で展示車数の減少が顕著となった。
展示車の総数は1050台から980台に減少、新エネルギー展示車は182台から142台に減少、世界初公開車両は38台に減少。


広州汽車は、グローバルプラットフォームのモジュール化アーキテクチャGPMA初のスポーツセダンEMPOW55を公開。


EMPOW55

新しいブランドスローガン「より良い」を発表し、全車種をフルモデルチェンジしました。 このモーターショーでは、広州汽車は、より鮮やかで鮮明な「技術、品質、サービス」のブランドイメージを示す、堅実な技術力と製品ラインアップを消費者に示した。 また、広州汽車研究所の新型スマートモバイルスペース「モカMOCA」は、広州汽車エアンの4番目のモデル「Ean Y」がステージに登場した。

No Article rating
0 Reviews
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA