強姦率が最も高い10カ国

 

強かんや性的暴行の犯罪は、先進国で一般的です。
統計による強姦の犯罪率が最も高い10カ国を以下に示します。

第一位:アメリカ

世界で最も高い強姦率を持つ国です。
性的暴行を受けた人の91%が女性で、9%が男性でした。
司法統計局によると、強姦被害者の91%が女性、9%が男性である。


第二位:南アフリカ

世界で最も強かんの発生率が高く、約65,000件の強かんやその他の性的暴行が報告され、その発生率は「世界の強姦の都」と呼ばれている。 医学研究評議会(MRC)が発表した調査で、南アフリカの男性の25%以上が、強かんを認めた。 そのうち半数近くが複数の人を強姦したと答えた。 四分の三は4人以上を強姦していた。


第三位:スウェーデン

スウェーデンでは、女性の4人に1人が強かんの被害者です。 世界で3番目に高い。 2009年、スウェーデンでは15,700件の性犯罪が報告され、2008年と比較して、5,940人の強かんとセクシャルハラスメント(裸癖を含む)が7,590件増加しました。 2009年4月、性犯罪は過去10年間で58%増加したと伝えた。 2009年の欧州連合(EU)の調査によると、スウェーデンはヨーロッパで最も強かん率の高い国と報告している。

スエーデンは、移民政策によって移民を受け入れており人口比で1.6%の移民がいる。
2009年以降急激に強姦が増え、高い数字をマークしているのは、このわずか1.6%の移民によるものといわれている。
スエーデンでは、移民に反対する右派政権が台頭し始めている。


第四位:インド

2012年、国家犯罪記録局によると、インド全土で24,923件の強かんが報告され、最新の推計によると、インドでは22分ごとに新たな強かん事件が発生している。


第五位:イギリス

2013年、司法省(司法省)、国家統計局(ONS)、内務省が発表した性暴力に関する史上初の共同公式統計速報は、イングランドとウェールズにおける性犯罪の概要によると、85,000人の女性がイングランドとウェールズで毎年平均強姦されている。 40万人以上の女性が毎年性的暴行を受けている。


第六位:ドイツ
2012年、ドイツでは約650万7394件の強かんが報告されている。


第七位:フランス
政府の調査によると、フランスでは毎年7万5000件の強かんが報告されている。 性的暴行を受けた人のうち、苦情を申し立てたのはわずか10%でした。


第八位:カナダ
カナダでは、女性の3分の1以上が性的暴行を受けた経験があると報告され、そのうち6%だけが警察に通報した。 ブリティッシュコロンビア州法協会によると、女性17人に1人が強かんされ、被害者の62%が身体的に負傷したとされる。


第九位:スリランカ
国連の複数の国の調査によると、スリランカ人の14.5%が生活の中で強かん罪を犯しています。 4.9%が過去1年間に強姦した。 2.7%が別の男性を強姦した。 1.6%が集団姦犯に関与している。 男性の96.5%が強姦の罪で法的影響をもたなかった。 65.8%は罪悪感と罪悪感を感じなかった。 強姦犯の64.9%が複数回強姦し、11.1%が4人以上の少女や女性を強姦した。


第十位:エチオピア
国連の報告書によると、エチオピアの女性の60%近くが性暴力を受けている。 強かんはエチオピアで非常に深刻な問題です。 国の悪名高い慣行は、結婚誘拐であり、エチオピアの多くの地域では、女の子や女性を誘拐し、妊娠するまで強姦し、いくつかの女の子は11歳で結婚によって誘拐された。 さらに、エチオピア軍は民間人に対する多数の強かんの罪で起訴されている。


日本は、どうかというと統計が無いそうです。

5.0/5.0 Article rating
1 Review
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA