北京の空気はきれいになっている

 
かつては、塵の都と呼ばれていた北京に青空が戻ってきている。

北京では、11月になると石炭を使って地下埋設管の蒸気暖房が始まる。
都市セントラルヒーティングが改善され、個々のマンションがエアコン中心の暖房へと移行し電力をエネルギー源とした暖房に転換しつつあり、結果、石炭のばい煙が減少している。

工場ばい煙に関しても、クリーンエネルギーへのシフトなどによって、空気を汚さない対策がとられた結果だとしている。

また、質の悪いガソリンと燃焼効率の悪いエンジンの自動車の技術も改善されている。

北京市委員会と市政府は、重要な政治課題と重要な国民生活プロジェクトとして、厳しい基準を設定して、目標としてきたとしている。

2020年、北京市の大気環境におけるPM2.5を含む4つの主要汚染物質は、前年同期比で大幅に改善し、PM2.5の年間平均濃度は38μg/m3で、初めて「30+」レベルに達し、前年同期比9.5%減少した。 吸入可能な粒子状物質(PM10)、二酸化窒素(NO2)は2年連続で国家二次基準に達し、二酸化硫黄(SO2)の年間平均濃度は国家基準に安定し、一桁の水準を維持した。

空気のきれいな日の出現率も増えてきている。

No Article rating
0 Reviews
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA