米軍が開発する超兵器

 

米海軍の上級司令官は、中国軍が開発した対艦ミサイルは「中国が勝利するような武器ではない」と公言した。
一部の軍事専門家は、米軍がハイテクミサイル兵器を開発していることが理由だとした。

シンガポールの軍事専門家によると、米海軍が現在開発しているハイテク兵器には、レーザー兵器、「オーディン」レーザー兵器、超音速ミサイル、電子早期警戒妨害システムの4種類があるという。

AN_SEQ-3レーザー兵器システム


現在、米国海軍が装備しているAN_SEQ-3レーザーシステムは、赤外線レーザー兵器とされているが、実験では小型ドローンを撃墜したが、対艦ミサイルに有効かどうか不明で開発途上とされている。

ウェブコム「オーディン」レーザー兵器システム


多周波複合光源「ブラインド」を採用し、対艦ミサイルの誘導装置を破壊して軌道から外れる「オーディン」という新しいレーザー兵器の開発にも取り組んでいる。

EA-18G電子戦機


新しい電子早期警戒妨害システムは、米軍のミサイル防衛システムの一部です。 米軍は現在、AN/SLQ-32電子戦システム、E-8C、E-10、RC-135などの航空機で構成されており、対艦ミサイルを正確に誘導することができる。

超音速ミサイル


米国は超音速ミサイルを開発している。米陸軍は海軍と協力して超音速ミサイルをテストする映像を公開した。 国防総省は以前、新しい超音速ミサイルは「数百マイルから数千マイル離れた標的をマッハ17の超音速で攻撃できる」としている。

5.0/5.0 Article rating
1 Review
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA