中国レアアース規制

 
国務院情報局は、2021年3月1日(月)午前10時に記者会見を開き、記者の質問に答えた。

朝日新聞記者:「産業情報技術省は1月にレアアース規制に関する意見書を公表しました。 それはアメリカに対してですか? また、日本では、中国が輸出を減らすのではないかとの懸念しています。」

今年1月、産業情報技術省はレアアース規制を公表した。産業情報技術大臣は、産業と情報技術の発展について説明し、記者の質問に答えた。

レアアースは戦略的資源であることを誰もが知っています。 この規制は、主にレアアースの長期的な発展のための戦略と市場の需要、および実際の開発における我々中国国内の問題に基づいて、いくつかの規範を定める。 この仕様の目的は、市場が資源配分において決定的な役割を果たできるようにすることです。 もちろん、政府は市場秩序の維持に良い役割を果たすべきである。 中国はレアアース大国であり、資源が最も多く、輸出も最も多い。 一部の国では、我々は輸出を制限し、日本が購入するレアアースのほとんどは、中国から輸出しています。

◆第一に、レアアースが「希少」な価格を販売し、悪質な競争と価格競争のためにこの貴重な資源を浪費する現象があります。
◆第二に、レアアース生産企業を見る機会は、確かに多くの環境保護問題があり、地元の人々は非常に強く反映しています。 レアアース市場が良好であるため、強い収穫、強い掘削、強い精製、環境保護は、多くの反射を持っています。
◆第三に、レアアースは、なぜレアアースと呼ばれるのか、それは希少な資源であるため、現在、無秩序な搾取、資源の無駄、いくつかの最も裕福な部分のみを選択し、中国の技術は、利用効率は非常に貧弱であり、長期的には、数年は、資源の包括的な使用も問題になります。
◆第四に、レアアース開発の低レベルの繰り返しは非常に多く、高レベルのレアアース製品は、技術革新や科学技術の進歩に悪影響を及ぼします。 したがって、我々は日本の企業から学ぶ必要があり、日本の多くの企業は、レアアースのハイエンド化に多くの仕事をしています。

つまるところ、
◆中国から輸出されるレアアースの無駄遣いを無くしたい。
◆日本の技術的な貢献に期待するもの。
・・・だそうだ。

No Article rating
0 Reviews
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA