小型モジュラー式原子炉「玲龍一号」(ACP100)本格着工

 
2021年7月13日
中国原子力産業グループ有限公司(中国原子力グループ)の公式ウェブサイトは、中国原子力グループの海南昌江多目的小型モジュラー式技術実証プロジェクト(小パイル実証プロジェクト)が、海南昌江原子力発電所の現場で正式に着工したと発表した。

建設中のユニット数は5基保有。
発電量は498.4万キロワットに達する。
玲龍一号は125,000キロワットの発電量を持ち、完成後年間10億kWhの発電量を達成し、526,000世帯の家庭生活ニーズを満たしています。

実証プロジェクトで採用された玲龍一号(ACP100)技術は、10年以上にわたり独自に開発し独立した知的財産権を有する多機能モジュラー小型加圧水炉型であり、中国原子力グループの3世代原子力華龍1号に次ぐもう一つの独立したイノベーションの重要な成果である。
玲龍一号は国際原子力機関(IAEA)の安全レビューに合格した世界初の小型原子炉となりました。

世界原子力協会のデータによると、2020年4月現在、中国の原子力発電所の発電容量は4500万キロワットで世界3位、米国とフランスに次ぐ。
中国は現在、40基以上の原子力発電ユニットを建設する計画を持つ。
日本経済新聞は2020年9月2日、中国の原子力発電規模は2030年までに米国を抜いて世界第1位になると予測した。
福島原発事故後、日本や欧米などの国々は原子力発電の削減を目指しており、建設中の原子力発電所や計画された原子力発電所の数は少ない。
輸出原子力技術の輸出も開始し、パキスタンは4つの中国の原子力発電ユニットを使用しています。

4.0/5.0 Article rating
1 Review
どう思う? ポイントが多い記事は、さらに深掘りします。
  1. 関心がある
  2. 面白い
  3. どちらでもない
  4. つまらない
  5. 興味なし

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA